日本一周 たそがれの旅

 念願の日本を一周する旅を終えました。そして、また、きれいな夕陽を求めて新たな旅に出発します。

2015年1月18日 

こんにちは

釣りに行って、ニジマスをたくさん釣ってきたので、ニジマスの燻製を作りました。

淡水の釣りに行っても、魚を持ち帰ることはほとんどありません。
釣れた魚は、水から上げずにそのまま放します。釣針の「かえし」も潰します。
自然保護とか、そんな話ではありません。
家に持って帰っても、川の魚は、家族に食べてもらえないからです。

海の船釣りは別です。
食べるために、釣りに行きます。交通費と船代で、元は取れませんが。

川の魚も、燻製を作ってみたら、思いのほか美味しく食べられたので、たまに魚を持ち帰って、燻製を作っています。
秋から冬にかけて、気温の下がる時期に、美味しいニジマスの燻製ができます。

出来上がったニジマスの燻製は、こんな感じ。
1-P1000943.jpg
冬なら、常温でも、1か月ほど保存できます。

背中に切れ目を入れると、簡単に皮がはがれて身を取り出せます。
2-P1000940.jpg
乾燥しているので、皮が硬くなっています。
美味しいです。

スーパーでも、アマゾンでも売っていません。
ニジマスの燻製を作るには、手間と時間がかかりすぎるので、商売にならない。(たぶん)

そんなわけで、今日は、旅とは全く関係のない、「ニジマスの燻製」の記事を書いてみました。

ニジマスの燻製を作るには、3日以上かかります。
連休の時か、ひま人でないと、作れません。
1日目 まず、釣りに行く。(スーパーのニジマスではだめ、鮮度がいのち)
     そして、釣った魚をクーラーに入れて、コンビニで氷を買って、持ち帰ります。
     その日のうちに、魚を処理して、ソミュール液(塩水)に漬けます。
2日目 ソミュール液に12時間ほど漬けた後、塩抜きをします。
     形を整えて、日陰で一日以上、乾燥させます。
3日目 乾燥させたニジマスを、燻製器に入れて、温燻法で燻製にします。
     温度を見ながら、煙でいぶして、燻製にします。

ニジマスの燻製を作る手順を、写真にしてみました。

◆魚の処理◆
魚の表面の「ぬめり」を流水の中で洗って落とす。
塩を手に持ってこすると、早く落ちます。
魚の内臓と「えら」を取り、「ちあい」を取り除いて、流水で洗います。
(ちょっと怖いので、写真はなし)
この時、下あごのヒモの部分を切らない。(切れると、出来上がりの形が悪くなります。)
3-P1000915-1.jpg

◆ソミュール液を作る◆
燻製にする前の塩漬け用の食塩水を作ります。
今回のレシピ(15%の食塩水)
水  4リットル
塩  600g
砂糖 300g
ローリエ 2枚、粒の黒コショウ、しょう油少々。その他香辛料はお好みで。
一度沸騰させて、冷ました後、魚を漬けます。
今回は、魚の量が多いので、たくさん作りました。
4-P1000907.jpg

◆陰干しで、乾燥させる◆
ソミュール液に12時間ほど漬けて、その後塩抜きをします。
次に、乾燥しやすいように、形を整えます。
5-P1000923.jpg
腹の部分を、ようじで支える。燻製器に下げるため、頭に金具をつけます。

干物用のかごに入れて、日陰で乾燥します。
6P1000911.jpg
かごに入れないと、ハエがきます。

◆燻製器を作る◆
燻製器は、ホームセンターなどで売っていますが、小さいのにけっこう高価です。
大量に燻製を作るので、ダンボールで簡単な燻製器を作りました。
7-P1000925.jpg
























材料は、段ボールの箱、ガムテープ、両面テープです。
段ボールは、ホームセンターで買いました(200円)。スーパーにある、お持ち帰りできる段ボールで十分です。
上に、魚を引っかけて、下から煙を発生させます。(火は出ませんが、安全のため、目は放しません)
内部の温度を上げるので、木か段ボールがいいかな。(段ボールは暖ボール)
こんな感じで、いつも燻製を作っています。合板で作ると、何度も使えそう。

◆煙発生器◆
温燻法なので、煙を発生させると同時に、燻製器の内部の温度を上げます。
8-P1000918.jpg
9-P1000921.jpg

器具は、二クロムヒーターと古い鍋。だいぶ使いこんでいます。
内部の温度を見ながら、ヒーターを調整します。今回は、60℃にしました。
10-P1000934.jpg
今回、温度計を新調しました。

今回の煙の材料は、さくらチップを使いました。ホームセンターで売っています。
11-P1000920.jpg

◆燻製する◆
上に魚を下げて、下から煙を発生させます。
12-P1000924.jpg

煙が逃げないように、しっかり密閉。
時々、温度と煙を確認。鍋にさくらチップを追加します。
13-P1000928.jpg

今回は、7時間ほど温燻しました。

試食の結果、ちょっと味付けが薄かった。
次は、砂糖に三温糖を使って、スパイスにニンニクを加えてみよう。
燻製時に、チップにザラメを加えると、風味が増すらしい。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
2015年1月14日 

こんにちは

関東平野では、冷たい北風が吹いていますが、毎日快晴です。
本を読んだりテレビを見たりして、のんびり暮らしています。

たまには、外に出ようと、釣りに行ってきました。
釣りといっても、海釣りではなく、昔からしている淡水の釣りです。
車で1時間ほど走って、栃木県の管理釣り場(有料で、釣りができる)に行ってきました。

「加賀フィッシングエリア」。
1-P1000902.jpg
栃木県佐野市にあります。

広大な池があって、スポーツフィッシングを楽しむことができます。
2-P1000901.jpg
直径100m以上の大きな池(というより、湖)が4面あって、ルアーフィッシング、フライフィッシングができます。
ニジマス、ヤマメ、ブラウントラウトなどが放流されています。

こんな所で、朝から夕方まで釣りをしていました。
3-P1000891.jpg

釣りの方法は、フライフィッシングというもの。
4-P1000895.jpg
5-P1000909.jpg
毛バリ(フライという)を遠くに投げて、水面に浮かべたり、水の中に沈めたりして、魚を誘います。
フライは、自分で作ります。

中にクラブハウスもあって、お昼を食べることができます。
6-P1000897.jpg
今日は、ビーフカレーを食べました。

淡水の魚はあまり美味しくないので、いつもは持ち帰りませんが、今日はクーラー持参で、持ち帰って、燻製を作る予定です。
7-P1000899.jpg
大きなクーラーに半分ほど。数えたら36尾でした。ほとんどがニジマスで、銀ザケ、ヤマメが混じっていました。
今日は、少ない方です。普段は、そのまま水から上げずに放します。

東京周辺には、スポーツフィッシングができる管理釣り場が、たくさんあります。
魚を持ち帰る人は、少ないです。いつもは、私も持ち帰りません。
持ち帰っても、数に制限があるので、数匹です。
ここは、特別で、持ち帰り数の制限がなくて、釣った魚をすべて持ち帰ることができます。
(その代わり、広くて深くて、難しいので、簡単には釣れません。)

持ち帰った魚は、夜のうちに処理して、燻製を作るために、塩漬けにしました。
8-P1000908.jpg

大きな魚もいたので、3枚にして、冷凍しました。
9-P1000903.jpg

おすし屋で、「サーモン」という名で、寿司になるのと同じかな。
バター焼きにすると、美味しいです。

魚を燻製にするところも、記事にして報告します。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





2015年1月6日 

こんにちは

今日は、西高東低の冬型の気圧配置がゆるんで、朝から暖かです。
最近、ほとんど体を動かしていないので、ウォーキング(ただの散歩かな)に行ってきました。

駐車場の前のロウバイが花を咲かせています。甘い香りがします。
1-P1000800.jpg

家から5分ほど歩くと、遊歩道があります。
2-P1000826.jpg

昔、深谷駅から利根川の近くの工場まで、鉄道の引き込み線があり、その跡地が遊歩道になっています。
さらに、遊歩道を10分ほど歩くと、田園風景が広がってきます。
3-P1000831.jpg
風もなく、穏やかな中、のんびり歩いて行きました。

道路から、車が入らないように、「デストロイヤー」がブロックしています。
4-P1000841.jpg

途中には、鉛筆の形をしたトイレがあります。
5-P1000835.jpg

この辺り(埼玉県の北部、深谷市、熊谷市あたり)は、高圧送電線の鉄塔がたくさんあります。
6-P1000832.jpg

鉄塔を下から見ると、こんな感じ。
7-P1000843-1.jpg
不思議な模様が見えます。

往復で、2時間ほど、のんびり歩いて帰ってきました。
距離にして、6Kmほど、たいした運動にはならなかったかな。
また明日から、寒くなりそう。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村






   あけましておめでとうございます
   
   皆様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします

   本年も、ゆるゆるとブログを書いていくつもりです。

   よろしくお願いいたします。


                               平成27年 元旦



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村