FC2ブログ

日本一周 たそがれの旅

 念願の日本を一周する旅を終えました。そして、また、きれいな夕陽を求めて新たな旅に出発します。

2014年4月26日 

こんにちは。

軽キャン風の改造と、車検の手続きを終えて、日本一周の旅に再出発します。
4月にもう一つ用事をこなして、旅の準備をして、5月1日に北に向けて出発する予定です。

東日本、北海道を回って、8月に一度帰宅し、9月に西日本に向けて行こうと思っています。計画らしいものは、何も無いのですが。

青森県の八戸では、パラグライダーの落下事故で、危なく人生が終わってしまうところでした。しかし、私にとって、東北、北海道は、行ったことがない所がほとんどです。
西日本は、大坂の単身赴任以外、もっと行ったことがなくて、まだ霧の中という感じです。

見るもの、聞くものすべてが、新鮮な経験になるのでしょう。
このブログを書くことで、貴重な経験が、心に残ってほしいです。
そして、旅が終わって、もう一度読み返してみたいです。

最近は、旅行記事では無くなっていますが、もう少し。
少し、時間があったので、こんなものを作ってみました。

名刺
1-P1020669.jpg
名刺用プリンター用紙とインクジェットプリンターで作りました。
旅でお話した方に渡そうと思います。

地デジ用アンテナ
すでに、地デジ用アンテナは購入して、設置済みなのですが、どんなものか作ってみました。
ハンガーダイポールアンテナ(水平、垂直偏波兼用)。
なんか、すごい名前を付けてみたけど、簡単です。材料費は、0円です。

まず、プラスチックのハンガーを用意します。
2-P1020670.jpg
クローゼットで使っていたハンガーのピンチを外して、木の棒を付けただけ。

次に、テレビ用アンテナケーブルを用意。
3-P1020671.jpg
これも、家にあった物。(買うと500円~1000円くらいします)

被覆をはがして、電線(電源コードの切れ端)をはんだ付けします。
4-P1020672.jpg

はんだの部分にチューブを付けて、両端を14cmの長さに切り(両方で、長さ28cm)、ハンガーに貼り付けます。
5-P1020673.jpg
フックを水平用と垂直用、2か所に付けました。
長さは、重要です。(受信するUHFの波長に合わせます)
手作りアンテナの記事は、探すとたくさんありますので、興味ある方は探してみてください。
このホームページがわかりやすいです。
「ボクにもわかる地上デジタル」

実際に、使ってみました。
6-P1020674.jpg
見通しの良い所に出て、アンテナをぶら下げて、チューナー+パソコンでテレビを視聴してみました。
埼玉県北部の地デジ放送は、垂直偏波なので、アンテナは縦に。
水平偏波(ほとんどの地域はこちら)の所では、水平にして、放送局の方向と直角にします。

車の外に下げると、ブースター付のシャークアンテナと同程度の感度があります。
充分に使えます。
この状態で、フルセグのテレビが視聴できます。
ただし、車内に持ち込むと、感度が一気に悪くなります。(車は、鉄の箱なのでしかたないか)
ブースターを付けるか、屋根の上に置くか、対策の必要がありそうです。
せっかく作ったので、日本一周のお供に加えます。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2014年4月22日 

こんにちは。

車検を受けた後、さっそく床貼りやソーラーパネルを元に戻しました。
車検証が発行されるのは、手続きしてから一週間後になるので、旅の出発はゴールデンウィーク頃になってしまいそうです。

ソファーベッド用のスポンジが届いたので、収納付ソファーベッドを完成させました。

天板、側板の上に、スポンジのマットを貼り、布でカバーします。スポンジは、ネット購入しました。

スポンジは、2種類使用しました。
まず、板の上にウレタンチップスポンジ(グレー、20mm)を貼り、その上に、高弾性ウレタンスポンジ(黄色、10mm)を貼ります。
1-P1020637.jpg

ウレタンチップスポンジは、安価で、硬めでへたりにくく、高弾性ウレタンスポンジは、柔らかくて、高密度で高反発です。
寝心地が少しでも良くなればと思っています。

まず、板に両面テープを貼り、
2-P1020641.jpg

ウレタンチップスポンジ(グレー、20mm)をのせ、
3-P1020647.jpg
4-P1020642.jpg

次に、高弾性ウレタンスポンジ(黄色、10mm)を貼っていきます。
5-P1020651.jpg

次に、厚手の布でカバーします。
布は、やや派手な物を選びました。リゾート気分です。

天板の表面と裏側。
6-P1020653.jpg
7-P1020654.jpg

側板です。
8-P1020656.jpg
9-P1020655.jpg
側板には、ベッド用の脚が付いています。

本体に取り付けました。

大きな3個の収納ボックスが、ソファーに変身しました。
昼寝は、この形で。
10-P1020667.jpg

側板を開くと、170cm×70cmのベッドになります。
11-P1020659.jpg

ベッドに展開して、下から見た様子です。
12-P1020661.jpg

ギャレーの引き出しが無くなってしまったので、小物入れを作りました。
13-P1020666.jpg
樹脂の箱は、ダイソーです。

テーブルを開くと、こんな感じ。
14-P1020663.jpg
ここで、パソコンしたり、本を読んだり、食事したり。
旧ギャレーのテーブルは、小さめで、ノートパソコンを置くと、マウスの操作がしにくかった。今回は、充分な広さがあります。

ベッドに、シュラフを広げてみました。
15-P1020668.jpg
ベッドは、封筒型のシュラフとほぼ同じ大きさです。

旧ギャレーと、今回のソファーベッドと収納テーブルを比較してみました。
16-P1010030-1.jpg
17-P1020663.jpg

似ているような、似ていないような。
収納は、格段に増えました。衣類や食品、食器類、断熱シェード、照明器具など、すべて収納できます。

これで、軽キャン風の改造は、終了です。

車検証が発行されたら、日本一周の旅に再出発します。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

2014年4月18日 

こんにちは。

今回、一度帰宅したのは、軽自動車の車検を受けるためでした。
一度、帰宅するなら、使いにくい軽キャン風を、大幅に改造しようと決めたわけです。
短時間で仕上げるため、毎日、朝から晩まで木工作業をしていて、腰が痛いです。

車検を受けるため、ソーラーパネル(キャリヤ)、収納テーブル、床貼り、すべてを取り外して、元の状態に戻しました。

床貼りは、8mmのボルト4本で固定してあるだけなので、取り外しは簡単です。
ソーラーパネルは、取り外す必要はなさそうですが、念のため。配線もあるのでけっこう時間がかかりました。
すべて取り外して、掃除をして、2時間ほどかかりました。組み付けは、もう少し時間がかかりそうです。

床貼りを取り外した状態です。
1-P1020621.jpg
ビニールのマットを敷いてないので、ゴツゴツした感じです。

ソーラーパネルも外しました。
2-P1020618.jpg
3-P1020619.jpg

まだ、収納付ソファーベッドが未完成なので、車検を受けた後、もう少し作業が続きます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

2014年4月15日 

こんにちは。

収納付ソファーベッドを作成しています。
収納ボックスを作成した後、天板と側板を組み付けました。

まず、側板を付けた状態です。
収納ボックスが3個並んだ感じです。
1-P1020607.jpg

左に見えているのは、収納テーブルの脚と屋外用テーブル(布の袋に入っています)。

天板をのせます。
2-P1020608.jpg

この状態では、ソファーになっています。(マットが無いので、今はただの木のベンチですが)
マットを付けると、このままで昼寝くらいは出来そうです。

側板をひらいて、ベッドにします。
3-P1020606.jpg

170cm×70cmの広さのベッドになります。

ベッドに開いた時、下から見た状態です。
4-P1020610.jpg

側板を開くと、足が出て支えます。片側が箱の上に乗る形になるので、安定しています。
足を支えるステーの調整が難しく、時間を取られました。
足の下の白いブロックは、足を折った時に固定するマグネットキャッチです。

ウレタン+布カバーのマットがないと、ベッドという感じがしませんね。

マットは3cmの厚さなので、側面と天板が、同じ高さになります。

横から見た、拡大です。
5-P1020614.jpg

やはり、マットがないとただの木の箱ですね。
ウレタンがまだ無いので、しばらく未完成です。

今日は、なんだか内容の薄い感じになってしまいました。
3日間の木工作業の頑張りが、伝わっていませんね~。

収納ソファーベッドを仕上げて、車検をこなしたら、東北に向けて日本一周の旅を再開します。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

2014年4月12日 

こんにちは。
日本一周を再開するため、軽キャン風の変更を進めています。

今回の主な変更点は、
  1.電気設備を残し、ギャレーを撤去する。
  2.収納付ベッド(ソファーベッド)を作成する。
  3.ソファーに合わせて、収納できるテーブルを作成する。

一人で車中泊をしながら、長い間(数か月以上)旅を続けるために、軽キャン風を使いやすくします。(しているつもり?)

特に、長旅のため荷物が多くなり、収納の充実が必要でした。
そして、平らなベッドで寝ることができたら、快適です。
二人で車中泊することや、オートキャンプを想定していないので、一般的な軽キャンパーとは、違った感じになっているかもしれません。

ギャレーを撤去して、収納テーブルを作って、1番と3番は、なんとか終了。
次に、収納付ソファーベッドの作成を開始しました。

以前、収納ベッドを作り始めたのですが、ギャレーが大きく、スペースがとれないため断念しました。今回、ギャレーを撤去したため、復活します。

まず、四角い箱を3個作って、
1-P1020593.jpg
2-P1020594.jpg
3-P1020595.jpg
4-P1020597-001.jpg

木でつないで、箱を作りました。
5-P1020602-001.jpg

接続部分は、木ダボを使って固定しています。
6-P1020600.jpg

もう一つ作ります。
四角い箱を2個作って、
7-P1020598.jpg

木でつないで、箱を作ります。
8-P1020601.jpg

大きな箱と小さな箱が、2個出来ました。

この状態で、大きい箱が5.4Kg、小さい箱が2.4Kgです。
フレームは軽量な材料を使用しています。
見える部分は、パイン集成材を使用しています。(ギャレーのテーブルの材料を再利用しました。)

車に、2個並べて置いてみます。
9-P1020604.jpg

大きな収納ボックスが3個出来ました。一つは、分離できるので、移動できます。
10-P1020605.jpg

この上に、発泡ウレタンを貼った、天板と跳ね上げ式の側板を付けて、ソファーベッドを作っていきます。
跳ね上げ式の側板を上げると、170cmx70cmのベッドになります。

今日は、ここまで。
明日から、また、作業を進めて行きます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
2014年4月9日 

法事や何やらで、なかなか作業が進みません。
やっと、収納テーブルが完成しました。

塗装色は、本体、扉(テーブル)は、ライトオーク、天板は、グリーンが入った白色です。
木材の一部と電気部品、蝶番類は、すべてギャレーから外した部品を再利用しています。

本体の固定は、車体の側面に、直接固定しています。
スバルサンバー(ダイハツハイゼット)は、荷室の側面に荷物固定用のフックがあって、それを利用しています。
1-P1020586.jpg
2-P1020587.jpg

扉(テーブル)を外すと、こんな感じ。
3-P1020584.jpg
蝶番用の穴がたくさんあいているのは、蝶番を逆に付けた失敗の跡。

内部に見える部品は、左から、アイソレーター、インバーター、電流測定用シャント抵抗、ソーラーパネル用充放電コントローラーです。
端子台は、サブバッテリー、ソーラーパネルを接続します。
電池のケースは、デジタル電圧計、電流計用電源です。

サブバッテリーは、中に入らないので、収納ベッドに置きます。
配線は、床下を通します。

左側は、電圧、電流表示と出力部です。
4-P1020591.jpg























出力は、AC100Vコンセント、DC12Vソケット、下の黒いのは、走行充電用インレットです。
ACコンセントには、インバーターのスイッチが付いています。

表示は、上から、デジタル電圧計、デジタル電流計とAC100Vの表示ランプ。
5-P1020592.jpg
インバーターのスイッチを入れると、赤いランプが点灯します。

扉(テーブル)を上げると、こんな感じ。
6-P1020588.jpg

中が丸見えです。
下の方が空いているので、ちょっとした収納に使えそうです。

旧ギャレーのシンク、水タンクが、さっぱりと無くなってしまいました。

明日から、収納ベッドの作成を始めます。
 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


2014年4月5日 

収納テーブルから作り始めました。

まず、養生用のプラ段を使って、車の側面に合わせた、側板用型紙を作ります。
型紙に合わせて、側板を加工して行きます。型紙を作っても、最後は現物合わせです。

次に、フレームを作って、木ダボを使って、組み立てます。
1-P1020575.jpg

少し、形になってきました。
テーブルは、まだ固定されていません。
2-P1020565.jpg


側板とテーブル(見える所)は、米松の集成材です。
フレームは、2×4材、10mmの合板を使っています。

これに、電源の部品と、コンセント、電圧、電流表示を取り付けて行きます。
バッテリーを置くスペースはないので、バッテリーは収納ベッドの中に置きます。

今日は、ここまで。

(旧)ギャレーのテーブルを開いた所。
3-P1010029.jpg

テーブルは、少し大きくなりました。
ギャレーに比べると、本体は幅も厚みも、だいぶ小さくなりました。

庭先の花の写真を1枚。
4-P1020567.jpg

ムラサキハナナ。後に見えるのは、ムスカリ(ブルー)です。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

2014年4月4日 

軽キャン風の改造を始めました。
今回は、時間が無いので、さっそく作業を開始しました。

まずは、ギャレーを撤去します。
作るときは、1か月ほどかかっています。
バラスときは、半日でした。

半年間、短い間でしたが、ありがとう。

まあ、たいして働いていませんでしたが、さようなら。

さっぱりした、車内。床貼りだけの状態になりました。
1-P1020564.jpg

部品は再利用するので、電気部品、蝶番など外しました。
骨組みだけになってしまった。
2-P1020563.jpg

あしたから、収納テーブルと電気まわりの作成を始めます。


引き出し式シャワー蛇口、ステンレスシンク(ホース&水止め金具付き)も天板から外しました。
3-P1020562.jpg

取り付けた状態は、こんな感じでした。
4-P1010032.jpg


外した、引き出し式シャワー蛇口とステンレスシンクは、まだ使用できるので、もったいないので、興味のある方に使ってほしいです。(ショップで購入すると、15,000円程)

当方、埼玉県深谷市です。車で取りに来られる方に差し上げます。
「管理者だけに表示」にチェックを入れて、コメントしてください。(ブログには表示されません)
メールアドレスを記入していただければ、こちらから連絡いたします。

(追加)
シャワー蛇口とステンレスシンク、嫁入り先が決まりました。
募集を終了いたします。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


2014年4月2日 

自宅に帰ってきて、車から荷物を降ろしました。荷物を積んだ状態では、恥ずかしくて見せられません。
床がすべて見える状態では、広く見えます。
1-P1020559.jpg

2013年7月にビッグサイトで開かれた、キャンピングカーショーを見に行ってきた時の写真です。
2-P1000968.jpg
3-P1000969.jpg
4-P1000970.jpg
5-P1000971.jpg

市販の軽キャンパーを見て、
  ・床下収納が多い
  ・2名就寝の仕様になっている
などが一般的な感じです。
しかし、長期間、車中泊をしながら旅をすることは、想定していないような気がします。
夫婦で、車中泊をしながら、2泊3日の旅行をするという感じでしょうか。
しかし、日本一周では、事情がちょっと違いました。

以下は、車中泊の装備について、長々と書いています。
興味ない人は、パスしてください。

かわりに、花の写真を1枚。
P1020561.jpg
我が家の庭先の花たち。(ノースポール、ひめ金魚草、パンジー)


車中泊の装備を考える

車で生活しながら、旅を続けようとすると、衣類、寝具、食器類、生活用品、食料品など荷物が増えてしまいます。
現在の状態では、うまく収納、整頓しないと、寝る場所が作れないほどです。

10日間、軽自動車で車中泊をしてみて、軽キャン風を日本一周仕様に改善する必要を感じました。

良好だったことは
  ・サブバッテリーとソーラー発電は、夜間の照明、パソコン、その他の電力消費を
   充分まかなえます。旅先で、停滞していても、電気の心配がなくなります。
  ・スツール(椅子)とテーブルは、車内のパソコン、読書などを快適にします。
   私の場合、特に、床に座るのがつらいため、椅子が必要です。
  ・遮光カーテンと断熱シェードは、設置が簡単、外観もきれいで、充分機能しています。
  ・フラットな寝床は、疲れが少ない。
  ・バックドアオープナーは便利。(これは、車中泊では必須かもしれない。)
  ・バックドアのすきまフック
   車内でコーヒーを沸かす程度ですが、火を使う時は必須です。
  ・ランチトレー (意外と便利)
  ・折りたたみ自転車。予想以上に旅の幅を広げています。
   そのために、おおきな荷物が増えていますが

改善が必要なことは
  ・シンクの設備は必要ない。
   キャンプ場以外では、炊事ができないため、水の設備を使用しない。
   シンクが室内を狭くしている
  ・床にマットを敷いて寝る方法は、車内を整頓する手間がかかる。
   また、マット自体が大きな荷物になる。
  ・収納が少なく、物が車内に置いてあるため、見苦しい。
   特に、衣類は大きな荷物になります。
   コインランドリーでは、小さな洗濯機でも4~5日分は一度に洗えます。
   洗濯の費用を考えると、5日分あると良いと思います
  ・床下収納は、車内に人がいる状態では、使用できない。(意外と不便)

使用しなかったもの
  ・網戸と換気扇(これは、まだ暑くないので)
  ・突っ張り棒
   コインランドリーを使用したため、洗濯物や、タオルを干すということが無かった
  ・屋外用テーブルと椅子(道の駅メインだったので、テーブルを広げることが無かった)
  ・ガソリン携行缶(ガソリンは携行していますが、使用機会が無かった。保険かな)
  ・その他緊急用品(これも保険かな)
  ・釣りの道具(まだ、釣りをしたい気分になっていない)
  ・炊飯器(道の駅では、炊事ができないため。北海道では使用するつもり)
  ・車止め(傾斜のある駐車場が無く、必要を感じなかった)

そんなわけで、軽キャン風を大幅に改装しようと思います。

主な改善点は、
  1.電気設備を残し、ギャレーを撤去する。
  2.収納付ベッドを作成する。(収納を増やす)
  3.ベッドに合わせて、収納できるテーブルを作成する。

今日から、さっそく作業にかかる予定です。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村