日本一周 たそがれの旅

 念願の日本を一周する旅を終えました。そして、また、きれいな夕陽を求めて新たな旅に出発します。

こんにちは。

ソーラーパネルを入手して、ソーラー充電ができるようになったので、紹介します。

■ソーラーパネル■

屋根にソーラーパネルを取りつけて、サブバッテリー(80Ah)を充電します。

木で枠を作り、キャリアに固定して、設置しました。
写真で説明して行きます。

まず、固定用の枠を作って
P1010566.jpg
組み立て。
P1010568.jpg
組み立ては、木ダボと木工用接着剤を使用しました。
P1010567-1.jpg
塗装して、木枠が完成。
P1010572.jpg

木枠に、ソーラーパネルを取り付けます。
表側 朝日に当たると、無負荷で21.5Vの電圧が出ています。
P1010586.jpg
裏側 木枠に、出力のコードを固定しています。
P1010582.jpg

キャリアに乗せて、完成です。
P1010591-1.jpg
P1010590-1.jpg
P1010598.jpg
出力のコードは、バックドアの側面から、引き入れています。
固定用のボルト、ナットはステンレスを使用しました。

写真で見ると、小さく感じます。
組み立てている時は、大きくて、重くて、車の負担になると思っていたのですが。

サブバッテリーの電圧と充電電流の様子。
左がバッテリーの電圧(V)。右が電流(A)、表示がマイナスなのは、充電中。

11月28日 11時 ソーラーパネルに太陽光が当たっています。
パネルの最大定格は、4.6Aです。
P1010597.jpg
こんなもんかな。バッテリーの電圧が低いともうちょっと電流が大きくなるのかな。

11月28日 11時 家の陰で、太陽光が当たっていません。
P1010594.jpg
日陰でも、青空が見えると、多少充電しているようです。

車中泊で電気を使用するものは、天井照明(LED)、換気扇、パソコン(ブログ作成やテレビ視聴)、読書用スポットライト(LED)、たまに炊飯器(230W×30分)、シャワー用水中ポンプ、携帯、カメラの充電などです。
冷蔵庫や電子レンジ、ドライヤーなど、消費電力の大きな物は、使用しません。(使用できません)

1日の電気使用量は、60W×4時間=240Wh(12Vのサブバッテリーで20Ah)程度と考えています。ソーラーパネルで、充電するためには、1日当たり240Wh以上の発電量が必要になります。

ソーラーパネルの一日当たりの発電量は、出力(W)×3時間と計算して(あちこち調べた結果?)、80W~100Wのソーラーパネルが必要という結果に。

曇天などでソーラー充電が不足する場合は、走行充電をします。

また、あちこち調べた結果、ソーラーパネルってよくわからない。ネットでの評価を見ても、やはりよくわからない。

そんなわけで、えい!っと、購入。(多結晶、80W、13,500円)
ソーラーパネルを乗せるキャリアの方が高かった。

ソーラーパネルも完成したので、また、お試し車中泊に出かけてきます。
旅先で、リアルタイムのプログ更新にも挑戦してみたいと思います。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
こんにちは。

お試し車中泊も今日で4日目になりました。

4日目 10月5日

6時頃、山梨市笛吹川フルーツ公園で目覚めます。
外を見ると、霧でかすんで、雨が降っています。雨なので、2度寝。

7時頃、バックドアを内側から開けて、ひさしを作ってから、のんびりと片づけを始めます。
バックドアの改良が役に立ちました。

今日は、武田氏館(武田神社)と甲府城を訪ねる予定です。

ナビに武田神社を入力して、8:00頃出発。甲府市に向かいます。

山梨は、山梨市、甲府市、甲斐市、甲州市など、特徴の無い名前の市が隣接していて、わかりにくいです。

途中、甲斐善光寺に立ち寄ります。
P1010366.jpg

ナビに従って、甲府市の市街に入って行きました。

ところが、道路がどんどん狭くなっていきます。
坂道の住宅地に入っていって、最後には、軽バンがやっと通れるような道路になってしまいました。
雨が土砂降りで、ワイパーも全開です。

狭い道路を抜けると、やっと、武田神社の前に出ました。

後で分かったのですが、普通に広い道路があるのですが、ナビが、近道を教えようとしたらしいです。
ナビに頼りすぎたための、失敗でした。

無料駐車場に車を止めても、まだ土砂降りの雨です。
しばらく車の中で雨が止むのを待ちます。

小雨になったので、日本100名城(24)武田氏館(武田神社)に出発。
P1010367.jpg
P1010369.jpg

雨だし、朝早いし、掃除のおじさんしかいません。参道が雨ですべりやすいです。
お参りして、100名城のスタンプを押して退散。

橋の前にあるお土産屋さんで、信玄餅を購入。

次に、甲府城に向かいます。

甲府城は、甲府市の中心にあるので、駐車場がありません。
近くのコインパーキングに車を止めた頃には、雨が止んでくれました。

日本100名城(25)甲府城に出発。
P1010371.jpg
入口の看板は、舞鶴城ですが。城の名前もわかりにくい。
P1010372.jpg

管理事務所で100名城のスタンプを押して、本丸方向に歩いて行きます。
P1010374.jpg
石垣が高いです。

復元された鉄門(くろがねもん)を通って、本丸に入ります。
P1010377.jpg

天守台です。立派です。
天守閣は、資料不足のため再建されていません。懸賞金をかけて、絵図や古文書を探しているようですが。
P1010382.jpg
石垣の修復工事をしていました。

復元された稲荷櫓です。
P1010384.jpg

下から見た石垣群です。壮観な眺めです。
P1010389.jpg


戦国時代の武田信玄の武田氏館と豊臣、徳川の時代の甲府城と100名城を2つも見られて、今日は大満足です。

お城を訪ねたあとは、彩甲斐街道をひたすら走って、椎坂トンネルを抜け、秩父市に到着。

途中で休憩しつつ、4時間かけて深谷市の自宅に帰って来ました。


 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

お試し車中泊の旅を続けます。

3日目 10月4日

朝、目が覚めて外を覗くと、周りはトラックだらけ。普通車の駐車場にも、トラックが止まっていました。
さっさと着替えてトイレに行って、カーテンと断熱シェードだけ開けてすぐに出発。

7:30 道の駅 伊豆のへそを出発。

朝ご飯は、次の場所で食べようと、沼津の千本浜公園駐車場に向かいます。
途中、スーパーが開いていたので、食材とクーラー用の氷を調達。
沼津の市街は、まだ通勤時間帯なのか、渋滞していました。

千本松公園駐車場に到着。長い松林がある公園の、海に面した駐車場です。
土手の階段を上ると、目の前は、駿河湾。

穏やかな海です。階段で地元のおじさんが、ハトに餌をあげていました。(カモメじゃなくて)
スパンカーがついた釣り船とみられる船が3台、固まって見えます。

ハムとモヤシをたっぷり入れて、味噌ラーメンを作りました。(朝からラーメン)
鍋を持って階段を上がり、駿河湾を眺めながら、遅い朝食。

さて、今日はどうしようか? 朝霧高原を抜けて、山梨に行こう!
まずは、本栖湖に向かいます。

国道1号線を西に走り、富士市に入ります。ナビに従い、富士宮市を北上して行きます。

浅間大社の看板を見つけて、行くことに。
全く、自由な旅です。行き当たりばったりです。

駐車場に車を止めて、お参りに。
P1010341.jpg
P1010333.jpg

鳥居の前に土産物店があり、なにやら聞いたことのある名前が書かれた旗が。
P1010340.jpg
























近くに寄って行くと、B級グルメのB-1グランプリで優勝した富士宮やきそばです。

まだ、お昼になっていないけど、これは食べなきゃ。
P1010337.jpg
焼きそば

具は、油かす、ネギ、キャベツ。上に削り節がかかっています。
普通に美味しいです。

途中、白糸の滝によって、
P1010346.jpg


朝霧高原に入って来ました。

道端に車を止めて、しばらく西側に広がる山を眺めていました。
東側は、すぐそこに富士山が見えるはずですが、雲の中です。

朝霧高原は、30年ほど前に何度も来たことがあり、懐かしい所です。
猪之頭という所で、ハンググライダーというスカイスポーツをしていました。

道の駅 朝霧高原 があり、土産物を見ながら休憩。

さらに北上して、本栖湖に到着。
P1010353.jpg
P1010351.jpg

駐車場でコーヒーを入れて、しばらく湖面を眺めていました。

ナビに今日の宿泊地、笛吹川フルーツ公園を入力して、出発。
青木ヶ原の樹海、精進湖の脇を抜けて、峠の道に入ります。

4時頃、笛吹川フルーツ公園の駐車場に到着。
ここは、車中泊スポットガイドのお勧めの場所なので、来てみました。

駐車場から眺めると、富士山がうっすらと顔を出していました。
P1010356.jpg
山から雲が湧き出していて、その上に富士山が見える。不思議な景色です。
富士山の周りを、回っているのに、初めて富士山をみました。

レトルトのご飯を温めながらゆで卵を作り、レタスの上にサバ味噌缶とゆで卵をのせて、夕食。インスタントみそ汁も作りました。

道の駅や、公園の駐車場では、お湯を沸かしたり、レトルトを温める程度が限界です。
食器も紙皿なので、ギャレーの水の設備は、ほとんど使用していません。

もともと、道の駅の駐車場では、キャンプ行為はできません。
キャンプ場や釣りができそうな岸壁の駐車場を探すと、もう少し楽しめる気がします。

夕食後、公園内にある「赤松の湯ぷくぷく」に行きました。

「赤松の湯ぷくぷく」から見える、山梨市の夜景です。
P1010359.jpg

こちらは、第一駐車場から見える夜景です。
P1010365.jpg

お風呂から帰って、そのまま就寝。



・・・・・のつもりが、

夜景がきれいなためか、カップルと思われる車が、ひっきりなしにやってきます。
駐車場では、ワイワイ、イチャイチャ。
時々、暴走族風のエンジン音も聞こえてきます。

たまらず、第2駐車場に避難。

こちらは、夜景が見えないので、キャンピングカーとバンが数台で、静かです。

やっと、就寝。

が、夜中に雨が降り出し、車の屋根をたたいて、何度か目が覚めました。

明日は、武田神社と甲府城を見て、帰宅予定です。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

2日目 10月3日

駐車場は、朝早くから、朝まずめを狙った釣り人でにぎやか。
P1010273.jpg

8:00 川奈イルカ公園の駐車場を出発。南へ向かいます。

途中、河津桜を見に行きました。
当然、今は秋なので、葉っぱだけ。
河津桜

さらに、南下。白浜海岸に到着。
リゾートホテルもあって、サーフィンでにぎわっていました。
P1010285.jpg
P1010284.jpg
若いころ、男女のグループでワイワイと海水浴に来ました。その後、石廊崎にも行って、すごく楽しかった記憶があります。

道の駅 開国下田みなとに寄って、休憩します。
下田港

下田を出て、今日の1つ目の目的地、石廊崎に向かいます。
ナビの指示に従って、石廊崎に到着。

あれ~?!

小さな漁港です。有料の駐車場があります。
ここじゃない。
ということで、ナビに逆らいながら、先に進みました。

すると、雑草でおおわれた、ロータリーに到着。奥にゲートらしき建物が見えます。
しかし、駐車場の入り口には、朽ちたロープが張られています。

再度、 あれ~?!

私の記憶では、ここが石廊崎の入り口のジャングルパークです。
だんだん、状況が呑み込めてきました。

さっきの漁港に戻りました。

観光船の船着き場があります。
有料駐車場の入り口で、
  「燈台へ行くのは、ここでいいですか?」
  「そこの階段を上っていけるよ」

有料駐車場に入って、カメラを持って、階段を上って行きます。
しばらく歩いて行くと、
P1010300.jpg
ジャングルパーク
 























廃墟です。
ナンバーの付いていない車の横に「ジャングルパーク」の文字が!!
P1010299.jpg
伸び放題の木々の奥に、大きな温室が見えます。ガラスが割れているのも見えます。
あの温室の中を、ワイワイ歩いた楽しい記憶が、よみがえりました。

伸び放題の木にも、花は咲いていました。
P1010301.jpg

気を取り直して、廃墟の先にある、石廊崎燈台に向かいます。
石廊崎1
石廊崎②

帰ってきて、船着き場の横で、土産物を売っているおばさんに声をかけました。
  「ジャングルパークって、いつから無いの?」と私。
  「だいぶ前からだよ」
隣のおばさんが、
  「もう10年になるよ」
  「そうなんだ~。30年くらい前にきたことがあるんだけど」と私。
  「私は、ジャングルパークで働いていたんだよ」と隣のおばさん。



駐車場を出て、海が見え隠れする山道を北に向かいます。

石部の棚田の看板を発見。
山を上っていくと、展望台がありました。
P1010306.jpg
P1010305.jpg
刈り入れ前の黄金色の稲穂がきれいです。
車がやっと通れる細い道を下って、棚田の中に入って行きました。
棚田

車を止めて、棚田の道をしばらく散策しました。

細い道を下って、海岸の道路に戻り、さらに北上して、松崎の市街に入ってきました。
ファミリーマートで、お弁当を買って、遅い昼食にします。

さらに、北上を続けます。途中、黄金崎に寄って、
P1010316.jpg
だいぶ、日が陰ってきました。

土肥温泉に到着。土肥金山がありました。
ちょっと、興味がありましたが、すでに閉館時間に近く、今回はあきらめました。
土肥の松原公園花時計を見て、
花時計

今日の宿泊地、道の駅 伊豆のへそに向かいます。

5:40 道の駅に到着。すでに暗くなってきました。
「みんなのハワイアンズ」の駐車場に併設の道の駅です。
「HAWAIIAN」の看板のキラキラで明るいです。

レトルトのご飯と、レトルトのカレーで夕食。
今日は、レタスの上にシーチキン缶をのせたサラダ付です。

車中泊らしき車が、5台ほど見えます。
トイレに行くと、すでに売店の電気は消えていましたが、前のウッドデッキでLEDランプを点けてお茶をしている方がいました。

今日も、風呂に入らなかったな~。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

お試し車中泊で、伊豆半島、富士宮、山梨と3泊4日の旅に行ってきました。

平成25年10月2日~10月5日
走行距離 : 記録しませんでした

1日目 10月2日

8:30 朝、給水タンクに水を入れて、食べ物は何も持たずに、いそいそと出発です。

まず、入間市まで南下して、国道16号線に入ります。
横田基地、八王子を抜けて、さらに南下します。

途中で、スーパーに立ち寄り、食料とクーラーの氷を調達します。

平塚で国道1号に入ります。
しばらく西湘バイパスを走りました。相模湾の穏やかな海岸線が続きます。

箱根を通過して、今日の1つ目の目的地、日本100名城(40)、山中城跡に向かいます。
日本100名城を訪ねるのも、旅の目的の一つです。

箱根から三島に向かって峠を下っていくと、山中城跡です。

無料駐車場に車を止めて、売店で100名城のスタンプを押して、登城開始。
P1010251.jpg
前を歩く人は、出張のついでに城跡の見学だそうです。
P1010257.jpg

二の丸周辺に、特徴的な、畝堀や障子堀を見ることができます。
きれいに整備されています。
P1010258.jpg
P1010260.jpg
P1010261.jpg

本丸に到着。建物、石垣などはありません。
P1010267.jpg
P1010268.jpg
山中城は豊臣秀吉の大軍に攻められ落城するまで、北条の小田原から西の防衛を担う拠点でした。豊臣秀次率いる7万の大軍に攻撃され、北条軍4千の奮戦空しく、わずか半日で落城したと言われています。

駐車場に戻って、おにぎりとから揚げで昼食にします。

一度、箱根に戻り、十国峠を抜けて、熱海に向かいます。

熱海から、南下して、道の駅 伊東マリンタウンに到着。
大きな道の駅で、温泉やレストランがあります。土産物店をのぞいたり、岸壁まで行って、海を眺めたりしていました。

岸壁の近くで、海面がワサワサしています。おじさんたち数人が「ナブラだ、ナブラだ」と言って、騒いでいました。(私もその一人に加わりました。)

最初は、ここで車中泊の予定でしたが、「車中泊スポットガイド」を見て、川奈イルカ公園の駐車場まで行くことにします。

4:00 川奈イルカ公園に到着。
漁港の隣にある、小さな海水浴場の駐車場です。
P1010277.jpg
防波堤で、釣りをしている人が10人程います。
小さな駐車場で、釣り人の車で半分以上埋まっています。

間もなく、日が沈みました。
P1010275.jpg

時々、ライトを点けて帰ってくる漁船を見ながら、レトルトのご飯にレトルトの中華丼、インスタントのみそ汁で夕食。

夜になっても、夜釣りと思われる人で、ザワザワしていました。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

日本一周のために準備している持物を紹介します。(つづき)

■寝るための準備■

折りたたみマットレス
折りたたみマットレス
ニトリで購入しました。スペースに合わせるため、横ををカットしました。
車中泊でも使用できて、コンパクトに収納できるキャンプ用マットが売られているので、そのほうが良かったかもしれません。白だと汚れるだろうな~。

シュラフ(封筒型)
シュラフ
子供たちが小学生のころ、オートキャンプに行きました。その頃に購入した物を、また引っ張り出して使っています。

折りたたみトレー
折りたたみトレー(2)
寝るとき、分かりやすい所に眼鏡や車のカギを置いておかないと、朝、探すのにたいへんです。
いつもはたたんでおいて、夜寝るときに、眼鏡、カギ、財布などを置いています。

靴トレー
靴トレー
ダイソーです。車内に入る時に、靴を入れておきます。
写真で見ると、ショボイです。もうちょっと良いのにしよう!。
意外と、汚れた靴を置く場所がありません。床貼りの時に、床下に靴のスペースを作ったのですが、荷物に占領されてしまいました。

その他、枕、12Vの電気毛布とかあります。

■アメニティー用品■

洗面用具、鏡、LEDライトなど
洗面用具
並べてみると、なんかショボイです。
LEDライトは、GENTOS 閃 325 です。小さくて明るくて、とても便利です。
ドライヤーがありません。あると便利ですけどね~。
消費電力が大きく、今の設備では使用できません。12Vのドライヤーが売られていますが、性能を見ると、気休め程度のものです。
インバーターを1500Wにすると、ドライヤーとか、電子レンジとか使えるようになります。

ティッシュケース、薬箱
ティッシュケース
救急箱
これも、ダイソーです。
ティッシュケースは、一番役にたっているかも知れません。近くに無いと不便だし、気がつくとお尻の下に敷いているし。

その他、衣類用ケース、洗濯物かごなどがあります。

アメニティー用品は、どんどん増えていくと思います。

■緊急時の準備■

ガソリン携行缶(5L)
ガソリン携行缶

バッテリーブースター
バッテリーブースター
床下に収納しています。
出来れば使用したくないです。

(追加)
ガソリン携行缶は、東日本、北海道の旅を終えて、装備品からはずしました。
日本一周で、ガソリンの携行は必要ありませんでした。
日本では、ガソリンの値段を気にしなければ、ガス欠の心配はありません。

ただし、北海道では、さすがにガソリンスタンドが無い所もあって、注意が必要です。
北海道の北の方では、朝一番に見つけたスタンドで、満タンにすると良いと思います。

その他、防犯グッズとかありますが、紹介は控えます。

新しいアイデアがあったら、また紹介します。


 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村




こんにちは。

日本一周のために準備している持物を紹介します。

8月頃から、4回ほどお試しの車中泊旅をしました。
最初は、最低限の遮光カーテンと断熱シェードを作った段階で、ガスバーナーと寝袋だけ持って、出かけました。
夜は、カップラーメンと途中で購入した惣菜。朝は、おにぎりかパン。昼は、行った先のお店に入って食べました。
若い人ならともかく、年寄りでは、長く続けると病気になりそうです。

プライバシーの確保と平らな寝床があれば、数日の車中泊では充分でした。
ただ、数か月の長い旅では、食事のこと、衣服の洗濯、しっかり眠れること、夜の過ごし方など、考えることがたくさん出てきました。

家に帰ってきて、車の装備、持物などを少しずつ増やしていって、またお試し車中泊に出かけました。

お財布の中身が少ないので、装備、持物の準備が進みません。まだ、欲しい物があるのですが、買えません。
徒歩や自転車、バイクで、肌で風を感じながら、日本一周している人から見たら、「何を軟弱な事を言っているの」と叱られそうですが。

そんなわけで、日本一周をするために進めている持物の準備を紹介していきます。

■旅の記録のための準備■
パソコンとカメラ
パソコン
カメラ DMC-TZ20
パソコンは、4年前に買ったA4サイズの重いやつです。徒歩や自転車ではとても持ち運べません。パソコンは、地デジチューナーを接続して、テレビにもなります。
公衆無線LANはWi2300。モバイル通信はまだ契約していません。
日本一周人は、一眼レフできれいな写真を撮っています。カメラも一眼レフが欲しいのですが・・・。

■食べるための準備■
カセットコンロとガスバーナー
カセットコンロ(1)
ガスバーナー

カセットコンロは、イワタニ製で小さくて、風にも比較的強いです。
ガスバーナーは、もう10年ほど使用しています。

鍋とフライパンと湯沸かしポット
なべ
フライパン
湯沸かしポット
鍋とフライパンは取手がとれます。アマゾンで購入しました。
ガスバーナーと湯沸かしポットは、コーヒー、カップラーメンの時は便利です。ただ、風に弱いです。
普段は、スツールに収納しています。
食器の収納

折りたたみイスと折りたたみテーブル
折りたたみイスとテーブル
収納時はこんな感じ。
テーブルの収納
イスの収納
テーブルの収納袋は自作です。

クーラー(食材の保管用)
クーラー
7年前、柏崎の単身赴任時代に海釣り用に買った物です。船釣り用なので、高性能です。
ポータブルクーラーも考えましたが、消費電流が以外と大きく、長期の車中泊での使用は難しいです。
氷は、スーパーで買い物をした時保冷用の氷を少しもらうとか、コンビニで購入することになりそうです。

(追加)
東日本、北海道の旅をしているときは、クーラーボックスを使用していました。
しかし、クーラーの氷は1日しか持たないため、調達が大変でした。コンビニで購入したり、スーパーの買い物で保冷用の氷をもらったりしました。
コンビニの氷は、それなりの値段がします。小さなスーパーでは、保冷用の氷を置いていません。
北海道では、氷を調達できず、食品を捨てたりしました。

そんなわけで、西日本に出発する前に、ポータブル冷蔵庫を手に入れました。


ENGELのMD14F-D。(冷媒ガスタイプ、アマゾンで購入)
41SxYDrORuL.jpg

これで、氷の調達の心配も無くなり、良い感じになりました。容量も、一人旅では十分です。

省電力タイプですが、それでも1日使用しているので、電力不足になりがちでした。
ペルチェ式のモバイル冷蔵庫は、消費電力が大きいため、本体の価格は安いですが、使用できないかもしれません。


食器など
マグカップ
食器類は、今のところ紙製の物を使用しています。長期の旅には、洗える食器が必要になると思います。

ポリタンク(10L)
ポリタンク
水は、ガソリンを入れた時に、スタンドで調達しています。
ギャレーのタンクとは別に、水汲み用のタンクを用意しました。

(追加)
ギャレーの変更(水の設備の撤去)と同時に、ポリタンクも使わなくなりました。
水は、主に2Lのペットボトルを使用しています。
スーパーに行くたびに、購入していました。(80円/2Lほど)公園の水道の水をもらったり、わき水を汲んだりもしました。
ポリタンクに比較して、水の調達も簡単です。


その他、「つめかえ君」を衝動買いしたのですが、法的に問題があるらしく、紹介は控えます。
家庭用カセットガスからキャンプ用ガス缶にガスを移しかえる優れモノです。
普通にアマゾンで売ってます。ただ、ボッタクリ価格です。


長くなってしまったので、寝るための準備、アメニティ、緊急時の準備など次回に紹介します。

つづく・・・。


最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

こんにちは。

11月5~6日に、車中泊で一泊して袋田の滝 紅葉狩りと宇都宮餃子を食べる旅に行ってきました。
車中泊の旅は、いつも一人旅ですが、今回は一泊ということで、妻も一緒でした。

1日目
朝7時30分 家を出発。
高速道路のPA、道の駅で休憩しながら、袋田の滝に11時30分に到着。
有料駐車場(500円)に車を止めて、滝に向かいます。

途中、お蕎麦屋さんに入り、けんちんそばを注文。
P1010442.jpg
P1010441.jpg
味噌仕立てで、美味しかったです。

紅葉は、まだ色づきはじめで、いまひとつ。
P1010443.jpg

トンネルを通って、滝に向かいます。
P1010444.jpg
P1010446.jpg







トンネルを出ると、ど~んと滝の真下に出ます。
P1010447.jpg
P1010466.jpg
滝を見ている妻です。

さすが、でかいです。水の量も多い。見上げても上のほうが見えません。
エレベーターに乗って、上に行くと、滝全体が見渡せました。
P1010460.jpg
滝見物にエレベーター? 華厳の滝にもあったな~。

滝を見たあと、20年ほど前に、何かと話題になった竜神大吊橋に行ってきました。
300円払って、橋を渡ってきました。ここも紅葉は、まだ色づきはじめで、いまひとつ。
P1010484.jpg
快晴です。
P1010479.jpg
うわさ通り、橋を渡ると行き止まり。
まあ、巨大な吊橋なので、それなりに楽しめました。
駐車場は車でいっぱい。観光バスも来ていて、観光客もたくさんいました。

今日の宿泊地、道の駅きつれがわに向かいます。
途中、リンゴ園によって、お土産にリンゴを購入。サービスで、まるまる1個を試食しました。

4時30分に道の駅きつれがわに到着。
P1010486.jpg
大きな道の駅です。温泉も併設されています。
車中泊らしきキャンピングカー、バンが10台ほど見えます。

温泉にのんびり入って、就寝。
夜、気温が下がってきました。寒さ対策は、寝袋+毛布ですが少し寒かったです。

2日目
8時30分 道の駅を出発。大谷石資料館に向かいます。
途中、道の駅うつのみや「ろまんちっく村」で、野菜と土産を購入。
P1010488.jpg

大谷石資料館。
P1010506.jpg
P1010499.jpg
予想以上に巨大な地下空間で、楽しめました。栃木テレビがロケの撮影をしていました。

大谷公園に移動して、大谷石採石跡を見学します。
P1010522.jpg

お土産は、大谷石の「無事にカエル」
P1010543.jpg
玄関で、いつもみんなの帰りを待っています。

近くを散策した後、宇都宮みんみんに向かいます。

宇都宮みんみんで焼き餃子、水餃子、揚げ餃子の3種類を注文。
(写真を撮り忘れました)
ほとんどの人が、ラーメンと餃子を注文していました。
ボリュームもあって、普通に美味しかったです。

帰路の途中、栃木の蔵の街に寄り、1時間ほど散策。

栃木ICから高速にのり、4時 帰宅。

 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


こんにちは。

車中泊のための装備について、紹介していきます。

その他の装備について紹介します。(つづき)

これで、装備関係については、一度終了いたします。
日曜大工は趣味みたいなものなので、新しく変更したら、また紹介します。

○ランチトレー(パソコントレー)

運転席に座ったまま食事をしたり、パソコンを操作するため、ハンドルに固定できるトレーを作ってみました。
正直、出来栄えは今一つですが、何とか使用しています。
アマゾンで探すと、数千円でパソコントレーがありました。これが壊れたら、そちらにします。
P1010060.jpg
P1010059.jpg
フックの部分は、削りすぎてしまったので、パテで形を整えました。
P1010052.jpg
フックの裏側は、金具で補強しました。
P1010053.jpg

最近は、公衆無線LANが、ほとんどのコンビニで使えるようになってきました。
コンビニの店の駐車場で、普通にインターネットに接続することができます。(有料登録が必要な所もあります)

○車止め

車中泊をしている時の安全のため、車止めを作成しました。
傾きがある駐車場もあると思うので、やはり必要と思います。
P1010049.jpg
P1010048.jpg

倉庫などで、車を止めて荷作業をするときは、車止めをするよう指示されるそうです。
観光バスも、駐車の際は必ず車止めをしています。
普通に、カーショップで購入できます。鉄製とプラスチック製があります。

○突っ張り棒

これは、スバルサンバーの純正パーツです。
ハンガーを掛けたり、濡れたタオルを掛けたりと、車中泊では活躍します。
P1010115.jpg

P1010125.jpg



これまでの車中泊の装備について、興味ある方はご連絡ください。

メールアドレス欄に記入して、コメントしていただければ、管理画面で表示されますので、メールで返信できると思います。
「管理者にだけ表示」の設定でもOKです。



最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のボタンを押していただくとランキングが上がります。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

こんにちは。

車中泊のための装備について、紹介していきます。

今回は、その他の装備について紹介します。


○天井照明

AC100Vで動作するLED照明器具は、実用的で安価なものが、たくさん売られています。車の天井に設置できる形のものもあります。
しかし、天井照明に使用するためには、インバーターを常に運転する必要があり、バッテリーの負担になります。

12Vで動作するLED照明を探すと、天井照明に使用できるものは数も少なく、とても高価です。キャンピングカー用のものもありますが、やはり高価です。(販売数量が少ないので、価格が高いのは、しかたないと思いますが)

そんなわけで、今回は、比較的安価で入手できる車の照明パーツを使って自作しました。
P1010105.jpg
P1010106.jpg

木材を加工して、車用の面発光LEDを埋め込んで、天井のバーに固定しました。
消費電流は、2灯で0.4Aです。80Ahのバッテリーで200時間点灯できる計算になります。

面発光LEDは、ネット購入しました。


○収納付スツール

ギャレーのテーブルの高さに合わせたスツールを作りました。収納付です。
収納付ソファーベッドを作成する予定でしたが、大きさの関係で、スツールになりました。
P1010012.jpg
P1010013.jpg
P1010030.jpg


○バックドアオープナー

通常、バックドアは内側からは開けられません。車中泊では、バックドアを内側から開けられると、とても便利です。

バックドアの内張りを外してみると、ドアノブの動きをロック解除に伝える樹脂製のリンクがありました。リンクの部分を下に押すと、簡単にドアが開きました。

ドアの内張りに穴を開けて、指で直接リンクの部分を押し下げると、ドアが開きます。
P1010435.jpg
P1010431.jpg
P1010428.jpg
P1010433.jpg

車内にいてもドアを閉められるように、ひもの延長をしました。

改造は、バックドアオープナーと呼べるレベルではありませんが、とても便利です。
スバルサンバーとダイハツハイゼット(アトレー)以外は、構造が異なると思いますので、参考にならないかもしれません。


次回、ランチトレー、車止め、突っ張り棒 を紹介します。

  つづく・・・


 
最後まで、ご覧いただきありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています。
もしよかったら、ポチっとお願いします。
 ↓    ↓    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村